JSAR 日本IVF学会

特別講義

TOP >> 特別講義

理事の先生方によるリレー講議

この講義では、本学会理事のドクターが自身の専門分野や生殖補助医療についての考えを 会員の皆様、
そして不妊治療に携わるすべての方へ向けて発信して参ります。

毎回、講義を担当したドクターが次のドクターを指名するリレー方式で進めていきます。
不妊治療の最新情報、そしてドクターの熱い想いをお届けしますので どうぞお楽しみになさってください。

【 第1回 『IVM』 森本 義晴(IVF学会理事長) 】

ヒト卵子の体外成熟の試みは体外受精胚移植法完成以前から行われていたが、近年になって卵子の体外成熟に関心が高まり、臨床応用がなされるようになった。卵子は卵原細胞から始まって多くの段階を経て成熟卵子に到達するが、臨床応用されているのはその最終段階のみであり、この技術がIn Vitro Maturation (IVM)と呼ばれ、現在、世界中に拡まりつつある。

ヒト卵子の体外成熟の試みは相当早い時期に始まった。最も古いものは1944年に報告があり、さらに、それより20年ほど経って、1995年にEdwardsが様々な研究を試み体外受精胚移植法の完成をみている。これは、即ち、生殖生物学を志す者にとっては夢であり、到達すべき目標であった。近年になって、体外受精胚移植法の周辺には多くの派生技術が開発され、妊娠または着床率も創蒙期には考えられなかったほど上昇している。そして、さらに次世代の新技術としてIVMが注目をあびるようになった。

IVMでは、主に多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の患者からGV期の未熟卵子を採取し体外培養後顕微授精し、胚移植を行う。採卵針としてはIVM IVF OSAKA NEEDLE(北里サプライ)を用い、300mmHgで直径5から7mmの卵胞から採取する。この採卵針はヒト未熟卵子採取用に我々が特別に開発したもので内套と外套からなる。外套は、卵巣の把持のために使用し内套で小卵胞を穿刺する。 未熟卵子はTCM199をベースとして、FSH, hCG,20%患者血清を加えて使用する。気相はthree gasを用いる。最近では、IVM専用培養液として数種発売されている。培養は24時間が最適である。本法は、PCO患者のみならず正常月経周期を有する患者にも応用可能である。また、頻回に体外受精を行った難治性患者にも有効なことがあった。

卵巣、卵胞そして卵子の体外培養は、古くから行われてきた人類科学の夢である。すでに確立されたマウスでのFull Cultureに続いてヒトでもこの研究が進むと様々な応用が可能である。従来、指摘されたように放射線治療または化学療法を受けるがん患者の生殖細胞保存は凍結法がガラス化法などの進歩で可能となった現在、現実化している。凍結融解した組織を成熟卵子まで導くことが可能となれば卵巣または卵子バンクも利用範囲も拡大するだろう。

また、すでに我々が臨床応用したIVM の効率をさらに上げることができれば、現在の刺激による体外受精の時代は終わり、新しい非刺激周期体外受精に置き換わる可能性もある。今後のこの分野の活発な研究が期待される。

IVFなんばクリニック
理事長 森本 義晴
2009年11月16日 (月)

受賞演題

〒226-0003 神奈川県横浜市緑区鴨居6丁目19-20 (株式会社ヒューマンリプロ・K 内)
Tel:045-620-7560 Fax:045-620-7563
お問合せ:info@ivf-et.net Copyright (C) 2007- Japan Society of Assisted Reproduction. All Rights Reserved.